HOME > ニュース&トピックス > 松田先生が "The Best of JBC papers of the Week 2015" を受賞しました

ニュース&トピックス

News & Topics

2016.03.25

松田先生が "The Best of JBC papers of the Week 2015" を受賞しました

受賞名:The Best of JBC papers of the Week 2015

論文名:Site-specific Interaction Mapping of Phosphorylated Ubiquitin to Uncover Parkin Activation

東京都医学総合研究所ユビキチンプロジェクトの山野晃史研究員・松田憲之プロジェクトリーダーらの論文が “Best of JBC papers of the Week 2015” に選ばれました。“Best of JBC papers of the Week 2015” とは、米国科学雑誌「Journal of Biological Chemistry」に2015年に発表された論文(およそ2400報)の中から16の専門分野ごとに最優秀論文として1報が選出されるものです。
山野研究員らの論文は Protein synthesis and degradation (タンパク質合成と分解)の分野で最優秀論文として認められました。研究をサポートして下さった本研究領域に感謝申し上げます。

Best of JBC papers of the Week 2015の証しです。