HOME > 会議・シンポジウム > 第39回 日本分子生物学会年会

会議・シンポジウム

Meeting

第39回 日本分子生物学会年会

期間: 2016年 11月30日-12月2日
場所: 横浜

第39回日本分子生物学会年会において、岩井一宏先生(京都大学)と畠山鎮次先生(北海道大学)がシンポジウム「ユビキチンを中核とした翻訳後修飾による多様な生体調節メカニズム Pleomorphic modes regulation of diverse biological phenomena mediated by ubiquitin」をオーガナイズしました(http://www.aeplan.co.jp/mbsj2016/japanese/program/symposium.html)。