HOME > 会議・シンポジウム > 国際シンポジウム「Diverse functions of Ubiquitin : Degradation, Signaling, and Beyond」

会議・シンポジウム

Meeting

国際シンポジウム「Diverse functions of Ubiquitin : Degradation, Signaling, and Beyond」

期間: 平成28年12月6日(火)
場所: 京都大学基礎医学記念講堂

 新学術領域研究「ユビキチン制御」では平成28年12月6日に京都大学基礎医学記念講堂で国際シンポジウム「Diverse functions of Ubiquitin : Degradation, Signaling, and Beyond」を開催致します。ユビキチンン修飾系の発見者で2004年のノーベル賞受賞者のAaron Ciechanover博士をはじめ国外からの講演者はいずれも気鋭の研究者で、国内からの講演者は最新のユビキチン研究のトピックに関して発表されます。

 参加は無料ですので、是非、お運びいただけましたら幸甚に存じ上げます。また、国際会議終了後、京都大学楽友会館(講演会場から徒歩3分)にて懇親会(会費3,000円)を開催致しますので、多数ご参加ください。

 会場、懇親会の都合がございますので、申し訳ございませんが、参加登録をお願い致したく存じ上げます。10月18日より本Webサイトからお申し込みが可能になりますので、よろしくお願い致します。

-----
International Symposium for New Aspects of the Ubiquitin Research
新学術領域「ユビキチン制御」国際シンポジウム
“Diverse functions of Ubiquitin : Degradation, Signaling, and Beyond”

日時:平成28年12月6日(火)13時00分 〜 17時30分

会場:京都大学基礎医学記念講堂(〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_i.html

スケジュール(講演タイトルは変更の可能性あり):
13:00-13:50
“The Ubiquitin proteolytic system: From basic mechanisms thru human diseases and on to drug targeting”
Aaron Ciechanover (Technion-Israel Institute of Technology, Nobel Prize in Chemistry 2004)

13:50-14:20
“Pathophysiology of the atypical linear ubiquitin chain”
Kazuhiro Iwai (Kyoto University)

14:20-14:50
“Cellular function of the Lys48/Lys63 branched ubiquitin chain”
Fumiaki Ohtake (The Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science)

14:50-15:20
“Functions of TRIM family proteins in metabolism and carcinogenesis”
Shigetugu Hatakeyama (Hokkaido University)

15:20-15:40 Break

15:40-16:20
“Translational control of energy metabolism by eIF3”
Dieter A. Wolf (Xiamen University)

16:20-16:50
“Regulation mechanisms of the proteasome”
Shigeo Murata (The University of Tokyo)

16:50-17:30
“The N-End pathway in protein quality control: its role in crosstalk between ubiquitin-proteasome system and autophagy”
Yong Tae Kwon (Seoul National Univers

PDF
PDF

ポスター

PDF
PDF

プログラム