HOME > 研究成果

研究成果

Research Results

本領域に参加している研究者の研究成果を掲載します。

2015.07.22

松田 憲之(東京都医学総合研究所 プロジェクトリーダー)

Okatsu, K., Kimura, M., Oka, T., Tanaka, K., and Matsuda, N. (2015) Unconventional PINK1 localization mechanism to the outer membrane of depolarized mitochondria drives Parkin recruitment. J. Cell Sci. 128, 964–978. doi:10.1242/jcs.161000

2015.07.18

柳 茂(東京薬科大学・生命科学部 教授)

武田啓佑、徳山剛士、長島駿、柳茂(2015)ミトコンドリアダイナミクスの制御シグナルと疾患. 実験医学 増刊号「知る・見る・活かす! シグナリング研究2015 〜シグナル伝達の要素発見から時空間ダイナミクスへ」33, 93-98

2015.07.16

松沢 厚(東北大学・薬学研 教授)

Miyakawa, K., Matsunaga, S., Kanou, K., Matsuzawa, A., Morishita, R., Kudoh, A., Shindo, K., Yokoyama, M., Sato, H., Kimura, H., Tamura, T., Yamamoto, N., Ichijo, H., Takaori-Kondo, A., and Ryo, A. (2015) ASK1 restores the antiviral activity of APOBEC3G by disrupting HIV-1 Vif-mediated counteraction. Nat. Commun. 6, 6945, doi:10.1038/ncomms7945

2015.07.16

松沢 厚(東北大学・薬学研 教授)

松沢厚、岡田匡央(2015)リソソーム破裂によるインフラマソームの活性化. 細胞工学 34, 562-566

2015.07.13

太田 智彦(聖マリアンナ医科大学・大学院医学研究科 教授)

Fukuda, T., Wu, W., Okada, M., Maeda, I., Kojima, Y., Hayami, R., Miyoshi, Y., Tsugawa, K.I., and Ohta, T. (2015) Class I HDAC inhibitors inhibit the retention of BRCA1 and 53BP1 at the site of DNA damage. Cancer Sci., doi:10.1111/cas.12717

2015.07.11

弓本 佳苗(九州大学・生体研 研究員)

Watanabe, K., Yumimoto, K., and Nakayama K.I. (2015) FBXO21 mediates the ubiquitylation and proteasomal degradation of EID1. Genes Cells, doi:10.1111/gtc.12260

2015.07.11

弓本 佳苗(九州大学・生体研 研究員)

Nishiyama, M., Nita, A., Yumimoto, K., and Nakayama K.I. (2015) FBXL12-mediated degradation of ALDH3 is essential for trophoblast differentiation during placental development. Stem Cells, doi:10.1002/stem.2088

2015.07.11

弓本 佳苗(九州大学・生体研 研究員)

Yumimoto, K. and Nakayama, K.I. (2015) Fbxw7 suppresses cancer metastasis by inhibiting niche formation. Oncoimmunology, doi:10.1080/2162402X.2015.1022308

2015.07.11

弓本 佳苗(九州大学・生体研 研究員)

弓本佳苗、中山敬一(2015)ユビキチンリガーゼFbxw7はがんニッチ形成を抑制する. 実験医学 33, 1303-1306

2015.07.10

篠原 久明(独立行政法人理化学研究所 研究員)

篠原久明(2015)B細胞抗原受容体シグナルにおけるNF-κB活性化メカニズム. 炎症と免疫 23, 72-79