PubMedID 23453757 Journal Cell, 2013 Mar 28;153(1);206-15,
連携登録完了
Title Cand1 promotes assembly of new SCF complexes through dynamic exchange of F box proteins.
Author
東京大学大学院薬学系研究科  蛋白質代謝学教室    治田義太郎     2013/05/10

Cand1によるSCF complexの制御
SCFのF-box proteinの制御に関する論文です。

Cand1はCul1に結合するタンパクとして知られていました。その機能はin vitroではSCF形成の(従ってSCFによるユビキチン化の)阻害剤、一方in vivoではSCFの機能の正の制御因子と矛盾する報告がなされていました。この論文ではCand1がSCFからF-box proteinを解離させることで、ほかのF-box proteinが新たにSCFを構成するのを助けている、という説を打ち立てています。実際にCand1をノックダウンすることでF-box proteinの入れ替わりが起こりにくくなることを示しています。

筆者たちはCand1がほかのCullinファミリーとも結合すること、またこれまでにCand1の阻害によってCul1以外のCRL(Cullin-Ring ubiquitin ligase)によるユビキチン化にも影響が出ると報告されていることから、CRL全般のSR(substrate receptor)を制御するexchange factorではないかと提唱しています。しかしこれまでの研究ではCand1の機能を様々な生物種で阻害すると、シロイヌナズナではCul1のCRLのSRが不安定化する一方で、ハエではCul1のSRには影響が出ずCul3のSRが安定化したという報告がなされています。このようにCand1によるCRL全般のSRの制御にはまだまだ謎が残されていそうです。
   
    本文引用