PubMedID 24634492 Journal J Immunol, 2014 Mar 14; [Epub ahead of print]
連携登録完了
Title IFN-γ or IFN-α Ameliorates Chronic Proliferative Dermatitis by Inducing Expression of Linear Ubiquitin Chain Assembly Complex.
Author Tamiya H, Terao M, ..., Yoshikawa H, Iwai K
京都大学  細胞機能制御学教室    田宮大也     2014/03/24

インターフェロンでLUBAC活性アップ
 手前みそ論文。
 LUBACはHOIP, HOIL-1L, SHARPINからなるユビキチンリガーゼでNF-kBシグナルに影響を与えます。インターフェロンはLUBAC活性を増大させて(量も増えます)NF-kB活性を増強しTNF-aによる細胞死を減少させます。以上がcore findingsです。
 cpdmマウスはSHARPINが欠損しLUBAC活性がダウンして皮膚炎を呈します。これにインターフェロンを打つとLUBAC活性がいくらか戻って皮膚炎の程度が軽くなります。
 インターフェロンは昔から研究されていますがLUBAC活性を増加させる報告は初めてだと思います。この研究によりインターフェロンとLUBACの研究がより発展するようなことがあればうれしい感じしますね。
   
    本文引用